健康維持

乳酸菌の詳細に関して

乳酸を作る菌、それらを総称しているのが乳酸菌です。
体内で健康にいい働きをしてくれる菌ですが、実は酸に弱く、私たちの体の中に入っても胃酸や胆汁酸などに阻まれ、腸内に生きたまま届く菌は非常に少ないといわれていました。
また運よく腸内に到達できたとしても、そこで維持され、いい働きができるほど元気な菌は存在せず、結局は排出されていました。

でも今は、胃酸や胆汁酸に強く生きたまま腸内に届き良い働きをしてくれる菌が研究され、乳酸菌商品として気軽に利用できるようになっています。
その代表格がヤクルト菌です。
シロタ株といわれるヤクルト菌は、胃酸にも胆汁酸に負けず腸内に届き、腸内で消化液にも負けず働く能力を持っています。
これも研究によって作られた素晴らしい菌です。

乳酸菌は植物性と動物性に分けられますが、植物性は強く胃酸に溶けることなく腸内までたどり着ける菌です。
乳酸菌商品にはこの植物性が利用されることが非常に多くなっています。

このほか、新機能性乳酸菌と呼ばれるL-92も生きたまま腸に届き働いてくれる菌ですし、EFは白血球の働きを活性化する力の強い良質な菌です。
ETF-2001という菌は免疫力を活性化する力が強く、腸内で活発に働く菌として脚光を浴びました。
このような菌類は、乳酸菌の研究を続ける研究者たちが、人の体の中でよい方向に働いてくれる菌類として開発されたものです。
生活の中にしっかり活かしていきたいものです。


このページの先頭へ