健康維持

乳酸菌と共に生存する悪玉菌に関して

私たちの腸内には、たくさんの菌類が存在しています。
その数100兆個!といいますからものすごい数が存在しているのです。
そのうち、良い菌として知られているのが乳酸菌などです。
乳酸菌は良い菌の代表格です。
でも良い菌ばかりではなく、悪玉菌を呼ばれる菌、それに特にいずれにも入らない日和見菌という菌が存在しています。

悪玉菌の仲間には、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などがあり、腸内環境を乱す根源となっています。
ただ、極悪!という事ではなく、悪玉菌がいるからこそ善玉菌が悪玉菌と戦うために力をつけているという事もあるので、全く必要ないという事はありません。
日和見菌と呼ばれる菌の代表格は大腸菌です。
こうした菌類が腸内でバランスよく存在していることが腸内環境が良好な状態となるのです。

では、悪玉菌が実際にどんな悪さをするのかというと、有害物質、また時には発がん物質などを作ってしまう事があります。
また悪玉菌が優位になると免疫力が低下するため、病気などにかかりやすくなりますし、便秘になったり、下痢になったりとおなかの調子が常に悪い状態となってしまう事も少なくありません。
善玉菌が優位、でも悪玉菌が存在し、そのほかの菌類もバランスよく存在しているという腸内を作り出すためにも、乳酸菌はとても大切な菌なのです。


このページの先頭へ