健康維持

毎日の健康維持に乳酸菌を活用

誕生したばかりの赤ちゃんの腸内には、たくさんの乳酸菌が存在しています。
その乳酸菌の数は、体内に存在する菌類の約95%を占めるといいますので、大変な数です。
それだけ、乳酸菌というのは人の体にとってとても大切なもの、という事です。

赤ちゃんは母乳を飲み、成長すると離乳食を食べ、だんだんと大人と同じ内容の食事になっていきます。
この頃から乳酸菌はドンドン数を減らし、幼児世代になると95%もあった乳酸菌が10%くらいにまで低下するといいますから、すごい減少率です。
母乳を飲んでいる時には免疫力もあり、抵抗する力を持っている赤ちゃんですが、離乳食を食べるようになるころからだんだんと免疫力が低くなり、抵抗力も減少します。

そのため、インフルエンザなどにかかると重症化したり、もらわなくてもいいような病気をもらってしまったりするのです。
乳酸菌が含まれたヨーグルトなどは、カルシウムも豊富でお子さんの成長に欠かせません。
毎日の食事にとりいれて、腸内環境を整え、免疫力、抵抗力共に高い状態にしてあげましょう。

ご高齢者も、免疫力や抵抗力が減少しています。
乳酸菌を毎日摂取することで健康維持につながります。
ヨーグルトが嫌い、乳製品が好きじゃないという場合、サプリメントやドリンク類などを摂取するようにしてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ