健康維持

乳酸菌の一日の摂取量

乳酸菌商品を見てみると、それぞれ、配合量に違いがあることがわかります。
かなり多量に含まれている商品もあります。
乳酸菌を摂取する際に、一番体に効果的な量というと、どの程度の量なのでしょう。

乳酸菌飲料http://www.nflflag.jp/dorinnku.htmlの先駆け的存在となったヤクルトの場合、1日1本飲むことが適量とされています。
その1本に1日に必要な量の乳酸菌が配合されていますが、この量をヨーグルトで換算すると、なんと200gから300gといいますからかなりの量です。
この量に含まれる菌類をヤクルト1本で得ることができるのですから、やはり、この商品は魅力的な商品といえます。

サプリメントの場合、さらに多い量の乳酸菌を摂取でき、商品の中には1日分の量で5000億個も摂取できるという商品がありますが、商品によってその量はまちまちです。
なぜ商品によってこの違いがあるのか、というと、人の体の中にある乳酸菌量にも違いがあり、またほしい乳酸菌の種類にも違いがあるからです。
この菌の場合、1日の摂取量という余地も、その菌が持っている主な働きが自分の目的と合っているかどうか、また、量についても自分に合った量を自分で摂取しながら求めていくという事になります。

毎日しっかり継続的に乳酸菌を体に摂取するという事が何よりも大切です。
自分が健康でいられる量を判断し、継続的に摂取していくという事を心がけて利用しましょう。


このページの先頭へ