健康維持

乳酸菌が働く理由

腸は脳などからの指令を受けずに、内在性神経系という自らの反射で働く機能を持っている臓器です。
体の中で唯一、自ら動く臓器です。
赤ちゃんの内臓には生まれてくるときに、乳酸菌を持って生まれてきます。
体内に存在する菌の95%という乳酸菌を持っているんです。
また、赤ちゃんが胎児としておなかの中で成長する際、脳よりも心臓よりも先に形成されるのが腸です。
人の体にとって非常に重要だということがわかります。

脳で作られるセロトニンという物質は精神を安定させるなどの働きを持っていますが、脳以外でセロトニンを分泌するのが腸です。
脳と腸で精神的安定を図ってくれている、という事です。
こんな重要な働きをする腸にはたくさんの菌類が暮らしていますが、特に大きな働きのない日和見菌以外では、善玉菌と悪玉菌が働いています。

善玉菌の代表格となっているのが乳酸菌です。
炭水化物を原料に乳酸を作り、悪玉菌が畑ないように抑制したり、腸の活動を活発にするために刺激する等、腸内での働きは重要な働きを占めています。
ただ悪玉菌がいるからこそ、善玉菌である乳酸菌類が活発に働けるのであり、悪玉菌がいらない菌、という事はないのです。

乳酸菌は腸内で腸内環境http://www.utahgardenchallenge.com/tyounaikannkyou.htmlを整え、人の体が健康であるようにバランスを保つという働きをしている重要な菌類です。
乳酸菌は人の健康維持のために、必死に働いてくれています。
乳酸菌を体内に摂り入れる手段がいくつかありますが、どのような摂り方にしても毎日摂り続けることが大切です。
あくまで健康食品ですので、即効性を期待するのはやめましょう。
また、一度に大量摂取したからといってその分効果が増えることはありませんので、少量でも毎日摂り続けたほうが良いです。



このページの先頭へ