健康維持

乳酸菌の弱点に関して

乳酸菌を健康に活かしていくためには、腸内までしっかり届き、働いてくれる菌類を摂取することが必要となります。
腸内環境を整え、免疫力をアップhttp://www.kfir-l.com/suibunnhokyuu.htmlし、強い体にしてくれる理想的な良い菌ですが、弱点もあります。

まず、弱い乳酸菌の場合、胃の酸、胆汁に弱く消滅してしまうということ、また無酸素状態で生きることが可能な菌は限られているため、乳酸菌は酸素に触れて成長した場合、腸内で生き延びることはできません。
さらに、乳酸菌と人の体にも相性http://www.kachikally.com/jibunnnisouousii.htmlというものがあり、その相性があって初めて活躍してくれる菌です。

また腸内に届く強くても、「熱に弱い」という事をよく理解しておくべきです。
フローズンヨーグルトの場合、冷凍され休息している乳酸菌は口で溶けて体内に吸収されることで働くようになります。
でも溶かしたり、冷凍したりを繰り返していると乳酸菌の働く力が弱くなってしまいます。

温度が上がると死滅してしまいますが、限界は60℃で30分です。
これ以上の温度、また時間になると乳酸菌は死滅します。
煮沸した場合には、数秒の命です。
自宅で乳酸菌を育てる方もいますが、増殖、発酵させるための温度は40℃、それを超えると意味が無くなってしまいます。
こうした弱点をよく理解し、有効的に体内で働いてくれるようにしていきましょう。


このページの先頭へ