健康維持

乳酸菌の力を分析

乳酸菌が豊富に含まれる食品としてヨーグルトがありますが、整腸作用があり、便秘や下痢など慢性的な悩みを持っている方に効果的であること、またコレステロールを減少させる、免疫力をアップさせるなどのたくさんの作用を持っているのが乳酸菌です。
お薬のように副作用なく、毎日の食事に活かしていくことができるため、年齢を問わず利用されている方が多いでしょう。
この乳酸菌の働きや力を徹底的に理解し、生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

腸内では乳酸菌のような善玉菌と呼ばれる、人の体にとって良い働きをしてくれる菌と、悪玉菌と呼ばれる悪い働きをしている菌が共存しています。
悪玉菌はがんの元になるとも言われ、できれば増殖を避けたいのですが、生活習慣や食生活などによって悪玉菌が優位になってしまうと、体に様々な支障を生んでしまうのです。

乳酸菌はこうした悪玉菌の働きを抑制働きがあり、腸内環境を整えてくれるほか、免疫機能の過剰反応と呼ばれるアレルギーに対しても効果を発揮します。
制震部分への働きもあり、ストレスに強い体をつくるという事もこの菌の働きの一つです。

これから先も、この菌の持っている働きや可能性について研究が継続されていくでしょう。
各研究機関ではその可能性を積極的に探っています。
きっと将来、新しい働きを持つ乳酸菌が開発されていくはずです。


このページの先頭へ